『神様の狂想曲』花咲弥生さんへのインタビュー

異世界通信のお時間がやってまいりました。インタビュー担当のウォンバットやしろです。さて今回は『神様の狂想曲』という作品から、花咲弥生さんにお話を伺ってきました!

ではインタビューをどうぞ!!


『花咲弥生』さんですよね?

はじめまして!わたくしウォンバットやしろと申しまして、記者的な事をしております(名刺を差し出して)

いきなりではございますが、是非、花咲弥生さんのお話を伺いたいなと!

もしよろしければ、少し質問をさせてください!

ではあなたの自己紹介をお願いします。

はい、始めまして。春族花咲家長女の神子、弥生です。

もしよろしければ、お名前の由来など教えて下さい。

由来は……。あっ!私は3月産まれなんですけど、それにちなんでお母様が3月の旧名である『弥生』をつけてくれたんです。

花咲弥生さんのお住まいの場所はどういったところですか?

ええっと、平成が終わったあとの日本の……今は新都市と呼ばれている京都です

花咲弥生さんのお友達をご紹介していただけますか?

友達は、夏秋冬族の神子で幼馴染の皐月ちゃん、葉月ちゃん、師走ちゃんとか、そのお兄さんたちとかかな。あとは、帝国聖十字軍の南雲さん、一条さん、守上さん、皇さんですかね

花咲弥生さんの特技、好きなことや苦手なことを教えてください。

特技……えっと、お菓子作り……かな?好きなことは……日向ぼっことか、植物が多い場所での散歩で、苦手なこと……人間の心が病んでいくこと……かな

この世界は人間と神様が密接に関わっているとの情報を入手したのですが、そのことについて何かご存知ですか?

あぁ、はい。大体の人間が忘れがちなことなのですが、人類は大昔から私達と関わって生きています。地球の摂理……環境の大部分には私達が大きく関わっているんです。ですが、人間はなんでもかんでも神々に頼りすぎてしまった……そのせいで一度この世界が壊れかけましたし……

平成はどのようにして終わり、新しい時代を迎えたのですか?

あ、それはですね。話すと長いのですが、平成時代に起こった地球温暖化の進行の結果による地球崩壊のせいです。酸素を作ってくれる森林も少ない状態で地球温暖化が悪化してしまい、地球が壊れ、一度人類が死滅仕掛けたのですが、ひいお婆ちゃんが一度切っていた政府との契約を再び結び直して地球は救われ、更に適度な森林と、強化されたオゾン層によって、今、地球は守られています。その後から新しい時代が始まったんです

また、新都市である京都は、どのようなところですか?

昔からの家造りと、桜並木の多い緑豊かで古風なところです!

花咲弥生さんのお友達の事を詳しく教えていただけませんか?

はい。友達は、幼馴染みの皐月ちゃん、葉月ちゃん、師走ちゃん、それとそのお兄さん方と晴矢くんと、一条くん、守上くん、皇くんとか……です!

花咲弥生さんは、人の心が病むのがわかるんですか…?

えっと、私だけが分かるのではなくて、新しい時代になってから人間の影がその人間を食らうようになったんです。つまり、一人の人の心が病むとその人の影が意思を持って乗っ取ってしまうんです。それで、《影》という化物になるんですが、何故わかるかというと堕ちた人には影がないんです。だから、それで病んでる人がわかるんです。これは私だけではなくて誰にでも見えます

そもそも、人類ではない花咲弥生さんは一体何者なのですか?

私達は……人間ではなく神に近く、神になれない存在と思ってくれたらいいです


花咲弥生さんは一体何者なのか……?とても謎めいていて、ミステリアス。平成が終わり、新しい世界になっているのも気になりますね……インタビューはこれで以上となります!ありがとうございました!