『冬アイス』百鬼 杜松さんへのインタビュー

今週もやってまいりました、異世界通信のお時間です。

今回は『冬アイス』の世界へ、百鬼 杜松さんにお話を伺ってまいりました!

ではその模様をどうぞー!


『百鬼 杜松』さんですよね?

はじめまして!わたくしウォンバットやしろと申しまして、記者的な事をしております(名刺を差し出して)

いきなりではございますが、是非、百鬼 杜松さんのお話を伺いたいなと!もしよろしければ、少し質問をさせてください!

はじめまして、ネズです。アッ、はい、どーぞどーぞ。よろしくおねがいします。

ではあなたの自己紹介をお願いします。

百鬼杜松(ナキリネズ)です。今は……えっと……あ、高校二年生です。息吹高校っていう、私立高校に通っている、至って普通の高校生だよ。8月20日生まれのAB型。三番目に好きなものはドーナツで、嫌いなことはドーナツを食べられることと、叩かれること。なでなでされるのは好きだよ。

……で、大丈夫かな?

もちろんですよ!

百鬼 杜松さんのお住まいの場所はどういったところですか?

俺も引っ越してきたばかりでよくわかんないんだけど……緑神町(ミドリノカンノマチ)ってとこなんだけど、高い建物が全然なくて、空が広いなあって思う。あと明るい。北が山や森で囲まれてて、南の方に海がある、結構自然いっぱいな場所だよ。

ふむふむ。

俺んちの近所はド田舎なんだけど、電車でちょっと行くとそこそこ賑わってるところがあるかな。なんか、文化とか風習や宗教が独特らしいけど……みんなその話は全然してくれないから、そのへんはあんまり知らないなあ。

百鬼 杜松さんのお友達をご紹介していただけますか?

うん。シノは俺の親友だよ。引っ越してきてすぐに仲良くなったんだ。見た目金髪だしすぐ怒鳴るからなんか不良っぽいけど、優しいし気遣いもできるし家事もできるしで、すっごくいいやつなんだよ。俺が毎日楽しいのも、シノのおかげだね。

ユリは、シノの次に仲良くなったんだ。ツインテールで声が高くてちょっと天然なんだけど、みんなが暗い気分の時も無理やり盛り上げてくれるから、助かってるよ。カエデさんは俺の彼女。俺とおんなじ甘党で、デートの時は絶対スイーツとかのお店に行くよ。みんなのお姉さんって感じで、面倒見が良くて、あとおっぱいが大きい。でも、たまに暴力的なのが怖いなあ。

ほうほう。

アオイは、カエデさんの弟なんだけど、カエデさんと全然似てないよ。いつもうさぎみたいなよくわかんない生物を連れているよ。うさぎが大好きらしいんだけど、ベッドにうさぎのぬいぐるみが敷き詰められてたのはちょっとびっくりしたかな……。

タイキは、すっごく背が高くて、勉強ができて、スポーツも得意なすっごいやつだよ。よく女子に囲まれて困って泣きそうになってるね。残念ながら俺は助けてあげられないんだけど、アオイがいつも女子を追い払ってるみたい。素直で従順で、すぐ一喜一憂するから、まるで人懐っこい大型犬みたいだよ。俺の友達といったら、これくらいかな?

ありがとうございます。お友達がいっぱいいらっしゃいますね!では次の質問は――。

百鬼 杜松さんの特技、好きなことや苦手なことを教えてください。

泳ぐのは一番得意かな。沖で溺れてた子を助けたことがあるくらいだよ。水の中ってすごく落ち着くから、海とかプールに行くとついつい時間を忘れて泳いじゃうよね。水泳以外の運動はすっごく苦手! 体育の授業はほとんどサボってるよ。

他には……ゲームが好きかな。アクションとかRPGとかいろいろやるけど、一番得意なのはUFOキャッチャーかなあ。UFOキャッチャーに欲しいものがあることってそんなにないから、大抵は友達にプレゼントするためにキャッチするよ。

……あ、あと探索するのも好き。引っ越してきたばかりの時は、路地裏とか、森とか、いろんなところを探索してたよ。方向音痴だからよく迷うんだけどね。今はスマホナビというものがあるから安心だよね。きっとこれがなかったら、永遠に家に帰れないよ。

この学校はどんなところですか?というか、楽しいですか??

息吹高校……さっきも言ったけど、私立高校だね。でも学費はそんなに高くないんだよね、なんでだろう? 普通の高校とあまり変わらないと思うけど、校長先生がすごく謎かもしれない。

俺、一度も校長先生の姿を見たことないんだよ。入学式の時もね、スピーチ台のところにぬいぐるみだけが置かれてて……声も加工してる感じみたいだったな、不自然に低くて。それ以外は、多分普通……なんじゃないかな? 学校生活は楽しいよ!

シノも、他の友達もいるし、クラスの子も先生もみんな優しいし。ずっとここにいたいなあ、卒業したくないなあ、って思っちゃうね。

ふむふむなるほど。ネズさんには周りに溶け込める不思議なチカラがあるように思えますね!しかもさらっと彼女さんもいらっしゃると……うらやましい……(うらやましい)

ではではさらにご質問させてくださいね!

親友である、シノさんのエピソードや仲良くなったきっかけなど教えていただけますか?

うん。さっき、俺は探索が好きだ、って言ったよね。引っ越してきたばかりの時に、繁華街そばの裏路地を探索してたんだ。あそこは、変な人がうろついてたり、壁に御札が貼ってあったり、寂れた神社があったりで、なかなか面白いんだけど……

おっと、話が逸れちゃった。その裏路地でね、傷だらけで倒れてるシノを見つけたんだ。家に連れて帰って手当てしてあげたんだけど、その時に、他の町から引っ越してきたってことを言ったら、すっごく食いついてきて……いろんな話をして、町の案内とかしてもらったりしてるうちに、どんどん仲良くなったよ。倒れてた理由は、話してくれなかったけどね……

うん。隠されてることは多いけど、俺はシノのことを一番の親友だと思ってるよ。

因みに彼女さんのカエデさんとお付き合いしたきっかけは……?

最初は……カエデさんの方から告白してきたんだっけ? その時は、カエデさんのこと全然知らないし興味もなかったから、ごめんなさいしちゃったんだ。お友達から始めましょうって。それで、甘党の友達なんてお互い他にいなかったから、よく二人で甘いもの食べに行ったりして……気付いたら、一緒にいると楽しいなあ、幸せだな、って思うようになってたんだ。

それで、えっと……クリスマスの夜に、俺の方から告白しました。えへへ……緊張してたから、あんまり覚えてないんだけど……えへ、えへへ……なんか恥ずかしい……。

お幸せそうで……(うらやましい……)

永遠にお家に帰れないって……もしかして、ネズさんは未だにスマホナビがないとお家に帰れなかったりしますか?

うーん……通学路とか毎日通る場所は当然大丈夫なんだけど、休日はほぼ必須だね。デートの時も、カエデさんに駅まで迎えに来てもらって、案内してもらって、駅まで送ってもらって、って感じで……よく考えたら、情けないなあ。

校長先生はもしかしてぬいぐるみだったりするんですかね……?最初にもネズさんが上げてくれた、この町の文化や風習に関わることなのでしょうか?そのことについて、シノさんやクラスメイトの方は教えてくれませんでしたか?

どうなんだろう……あ、でも、シノは生で会ったことがあるみたいだよ。不思議だけど、信頼できそうな人だったって言ってた。若いけど、カリスマ性がある感じ……って。それ以上は何も言わなかったけど……。

タイキも会ったらしいけど、シノに口止めされてて何も聞けなかった。他の友達にも聞いてみたけど、みんな校長先生についてはよく知らないみたい。でも、とりあえずはちゃんと人間みたいだね。町のあれこれに関わってるかどうかはわからないけど、シノが隠してるってことは……そうなんだろうなあ。


百鬼 杜松さんのふわっとしたこの感じが、皆さんに愛される秘訣なのでしょうね。これでインタビューを終わります。ありがとうございました!