ぷちのこの制作事例を紹介します!

創作ラボでのたびたびお伝えしてきたぷちのこ。

今回は、これまでの制作事例から、ご紹介の許可をいただいたフィギュアの写真をお届けしたいと思います(^o^)

フィギュアの材質感はどんなふうなの? 細かいディテールはどこまで再現できるの?

写真をご覧になって、少しでも安心してぷちのこをお試しいただければ嬉しいです。

「シェオール」くん

「シェオール」くん (1) 髪の毛やスカートの広がりなどは、デフォルメの雰囲気に合わせて、できるだけ"空気を含むような"造形を心がけました。

「シェオール」くん (2) ツノや耳は尖っているので、3Dプリンタの限界と相談しながら、何度も修正して最大限の再現を試みています。

「シェオール」くん (3) 前掛けや襟の黄色いラインはテクスチャではなく別パーツになっています。

「ラシュフェーニカ」ちゃん

「ラシュフェーニカ」ちゃん (1) イラストでの色表現(グラデーション部分など)を、フィギュアでもカラープリントで再現しました。

「ラシュフェーニカ」ちゃん (2) ふわっと広がる髪とドレスは、立体でもイメージを再現したかったので、造形には力を入れました。

「ラシュフェーニカ」ちゃん (3) 右前方から。こちら側からも髪とドレスが印象的です。

「ラシュフェーニカ」ちゃん (4) 背中のバラ部分は、ほとんど髪に隠れてしまう部分ですが、しっかりと造形してあります。

「ミストルァルタ」くん

「ミストルァルタ」くん (1) 元のイメージを保ちつつフィギュア映えするようにデフォルメしました。

「ミストルァルタ」くん (2) キャラの特徴である豊かなシワを持ったローブも再現しました。

「ミストルァルタ」くん (3) デザインイラストの髪の毛束感を表現しています。

「ウォンバットやしろ」くん

「ウォンバットやしろ」くん (1) キャラクター画像を見て、なるべくそのままの雰囲気を再現しました。

「ウォンバットやしろ」くん (2) 今回は特に腹の出を意識して造形しました。ちょっと中年感がしすぎたような気もしますが……😅

「ウォンバットやしろ」くん (3) 頭頂部のみかんは、内部データ的には髪パーツの扱いになっています。

総論

オーダーメイドでキャラクターフィギュアがつくれる「ぷちのこ」では、デフォルメをベースに、ご依頼に応じてそのキャラ特有の特徴を表現できるように対応しています。

「ぷちのこ」 Web サイトでは、デザインイラストを描く際のテンプレートを配布しています。

イラストでうまく表現できないことでも、備考欄に記入いただければ最大限再現しています。

それでは!

「ぷちのこ」 Webサイトはこちらから!

8,000円引きのプロモーションコードがもらえる「異世界通信」インタビュー申し込みはこちら!