はじめてのコミティア~サークル参加・当日編~

前回、サークル参加するための事前準備についてご説明いたしました。
今回は少しでも安心して快適にサークル参加できるように、次の2つのトピックについてお話させていただきます。

Ⅰ.コミティアに行くまでにしておくこと
Ⅱ.当日の流れ

Ⅰ.コミティアに行くまでにしておくこと

持ち物の準備

1.サークル参加票・入場チケット
参加案内書と同じ封筒に入っていたものは、封筒ごとぜんぶ持っていくと安心です。
サークル参加票と新刊見本誌に貼るシールは、事前に記入しておきましょう。

2.同人誌やグッズ
コピー本の製本や冊子のカバー掛け、グッズの梱包が必要な場合は、早めにやっておきましょう。
冊子を印刷所さんから直接搬入する場合、または自宅から宅急便で会場に送る場合は、送り先のスペースNo.が合っているか要確認です。

3.値札
印刷でも手書きでも、あると買い手にやさしいです。
自宅で印刷する場合、名刺用紙を使うと切りはなすのがラクで、サイズもそろっているので見た目もきれいです。

4.釣り銭
本の値段に合わせて、必要となりそうな小銭・お札をたくさん準備しておきましょう。

5.お金を入れるもの
事務用のコインケースがあると便利ですが、小箱やお菓子の缶でも問題ないです。蓋があるもののほうが使いやすいです。

6.筆記用具
ボールペンとメモ帳だけでも持っていると安心です。

ディスプレイの準備

スペースのディスプレイが素敵だったりわかりやすいサークルは、足を止めてもらいやすいです。
イラストやグッズ系のサークルだと、ディスプレイを含めて作品……という場合もあるでしょう。

ですが、「入稿がぎりぎりになっちゃってディスプレイにかける時間がない…」「当日の朝まで作業しないと…」「イベントに出るだけで財政的にカツカツ」「ディスプレイにこだわるのがめんどくさい」等の事情がある場合は、無理してディスプレイにこだわる必要はありません。
最低限、冊子やグッズ、ペーパーがあれば、サークル参加はなんとかなります。

以下、一般的なディスプレイ用品についてご紹介します。

1.敷き布
机に敷いて使います。
色や模様で雰囲気をがらっと変えることができ、持ち運びやすいので、一番手軽で基本的なディスプレイ用品でしょう。
1スペース分(長机の半分)をすっぽり覆えて、なおかつ前に垂らして前面を隠せるサイズが便利です(机の下に置いている荷物を隠せるので)。

2.ポスター
3.POP
漫画や小説、ゲームでしたらあらすじやジャンル等の情報の書かれたPOPが置いてあると、冊子を手に取りやすいです。
物語形式の作品ではなくても、ストーリー性のあるキャッチコピーや説明が添えられていると、それだけでもより魅力的に見える場合がありますので、ポスターやPOPを積極的に活用してみてください。

4.マスキングテープ
敷き布やポスター、POPを固定する際に使えます。

5.その他
敷き布・ポスター・POPあたりが一般的なディスプレイ用品ですが、棚やぬいぐるみ・人形、タブレット(動画を流す)など、ディスプレイに使えるものはたくさんあります。
ディスプレイをがんばりすぎると荷物がすさまじいことになってしまうので、計画的に行いましょう。

Ⅱ.コミティア当日の流れ

入場

サークル入場時間を確認し、その時間内にサークル入場口で入場チケットを渡せば、会場に入れます。
寝坊したり電車が遅延したりしてサークル入場時間を過ぎてしまったら、一般入場時刻に一般参加者といっしょに入場して、超特急で設営を行いましょう。

スペース設営

1.両隣のスペースの方にあいさつ
自分のスペースに着いたら、両隣のスペースの方に「おはようございます、どうぞよろしくお願いします」と一声あいさつをしておきましょう。

2.スペースのディスプレイ
念のためスペースNo.が合っているかもう一度確認したら、荷物は机の下に入れ、淡々とディスプレイを進めていきましょう。
飲み物や筆記用具等は、机の下やディスプレイの裏に隠しておいたほうが、すっきりとした印象になります。

3.追加椅子が必要な場合は購入
追加椅子は数に限りがあるので、事前に追加椅子を購入していない場合は、会場についたら早めに買いに行くようにしましょう。

イベント中

1.使えるかもしれない受け答え例
特に高度な会話が必要とされることはありません。最低限の会話さえできれば「変なひとだな……」と思われたりしないので、安心してください。
ですが、「それでも初参加だから不安!」という方がいらっしゃるかもしれませんので、念のため例を書いてみます。

・スペースの前に、冊子やグッズが気になっている様子のひとがいたとき
「どうぞ手にとってみてください」
「よろしければ試し読みしてみてください」

・「手にとっていいですか?」と訊かれたとき
(特に支障がなければ)「どうぞ~」
このあと、頒布物について説明してもいいし、そのまま黙ってしまってもいいです。

・会計
「(合計で)○○○円です」「○○○円になります」
お支払いいただいたら「ありがとうございます」

・「ごめんなさい、お釣りありますか?」と訊かれたとき
「(あるので)大丈夫ですよ」

2.売上は記録しておこう
頭のなかで売れた数や売上を覚えていようとしても、不慮の事態で忘れてしまうことが多々あります。
ですので、何冊売れたのか、売上がいくらになるのか、1つ売れるごとにきちんと記録しておくようにしましょう。

3.席をはずすとき
トイレや買い物等で席をはずす際は、スペースに「離席中(○時ごろに戻ります)」と書いた紙を置いておくと親切です。
ツイッターをやっている場合は、離席する旨をつぶやいておくとよりよいです。

撤収

1.ゴミは分別しておく
会場によってゴミ回収のルールは違いますが、東京会場の場合、ゴミは「燃えるゴミ」と「燃えないゴミ」に分けておきましょう(2016年4月現在の情報です)。ゴミ回収場であたふたせずに済みます。

2.宅急便で荷物を自宅に送る
在庫がたくさんあって、手で持って帰るのが大変な場合は、会場から自宅へ宅急便で荷物を送ってしまいましょう。

3.最後にスペースNo.の記載されたシールを剥がし、椅子・机をたたむ
机の上をすべて片付けたら、天板に貼られているスペースNo.の記載されたシールを剥がしましょう。
椅子はたたんで床に置いてください。

長机もたたむ必要がありますが、閉場前に撤収する場合や、同じテーブルのサークルの片付けが完了していない場合は、机はそのままにしてください。
この際、「お先失礼します」と隣のスペースの方に一声かけてから帰りましょう。

以上、コミティアにサークル参加する際の準備と当日の流れのまとめでした。
この記事がきっかけで、コミティアに限らず、オリジナル作品系イベントに参加していただければ幸いです。